ゆるぶ

Home » ゲーム » ゲーム攻略 » Bee Simulator » PS4「Bee Simulator」トロフィー攻略メモ

PS4「Bee Simulator」トロフィー攻略メモ

time 2021/06/14

PS4「Bee Simulator」トロフィー攻略メモ

PS4版「Bee Simulator(ミツバチシミュレーター)」をトロコンしたのでざっくり攻略メモとマップ情報を残しておきます。
※この記事はPS4版のトロフィー収集前提で記載しています。

サクサク進めたらストーリーは2~3時間くらいでクリアできるボリューム。
寄り道しつつゆっくりやっても5時間はかからないと思います。

トロフィーコンプまでは若干作業が発生するため
サクサクやって5~7時間くらい、ゆっくりやって10時間前後といったところ。
難易度も大分易しめで★1~1.5ほど(MAX★5)。

ただ、キャラ・カメラ操作の感触が若干独特で慣れるまで自分は軽く酔ったので、3D酔いしやすい人は体験版を触ってからの購入検討を推奨します。
方向転換がほぼ全てRスティック操作(カメラごと動かすタイプ)です。
※PC版はマウス操作っぽいのでゲームパッド限定のCS版よりは
操作しやすいんじゃないかと。

sponsored link

トロフィー概要と注意点や留意事項

ブロンズ38、シルバー10、ゴールド2、プラチナあり。
イージーモードとハードモードがありますがイージーモードのみでOK。

トロフィーの種類は大体下記の通り。
・ストーリーで自動取得
・サイドクエストクリア(一部時限あり)
・チャレンジ・収集の規定回数クリア
・トロフィーに設定されているアクションの実行

チャレンジや収集でいくつかある「全ての~」系は、規定回数該当ミッションをクリアするだけで良いので、”全種”クリア・解禁する必要はありません。

同じ場所のチャレンジ・同じ種類の動物の像であってもカウントされます。
なんならシステムデータが全セーブデータで共有されているので、
セーブデータが分かれていても累積カウントされています。
作業感がきつかったら別のセーブデータで2周目・3周目をやってしまうのもアリ。

恐らく最後に残るのは【そろそろ引退かな(花3000本から花粉回収)】か
【脱走アーティスト(クモの巣チャレンジ)】辺り。

サイドクエスト

トロフィーリストの【女王様、外に動物が!】~【異種間友好】は
サイドクエスト関連のトロフィー。
【女王様、外に動物が!】、【超ハラペコ】は時限クエスト。

【女王様、外に動物が!】はチャプター7「我らの新天地」、
【超ハラペコ】はチャプター3「冬がやって来る」から受注開始。
時限クエの2つはどちらもチャプター7「我らの新天地」ラスト以降受注不可。
「船小屋が~」と言い始めたらボチボチ期限が近い頃だと思ってください。

上記以外のサイドクエストには時限要素はありません。
物語後半で受注できるもの、物語クリア後に受注できるものがいくつかあるので
時限クエ以外はクリア後にまとめてやってしまうのもありかと。

女王様、外に動物が!

クエスト受注ポイント(チャプター7「我らの新天地」~)

クエスト内容は動物園を巡ってクイズに答える。
1問不正解でも問題なく進んだので多少間違っていても問題なし。

超ハラペコ

クエスト受注ポイント(チャプター3「冬がやって来る」~)

こちらは複数回クリアして花マークのカウントを満たす必要があります。
具体的な回数は数えてなかったので分からないですが
10回前後?クリアするとカンスト+トロフィー解除。

ハッカー

自分がプレイしていた時ちょっと迷ったポイント。
【ハッカー】トロフィーのサイドクエストで採取する”伝説の花粉”は、
近場の草むらにある紫の円で囲まれている花粉。

花の力、そろそろ引退かな(花粉回収)

一度に持てる花粉量のMAX値は花50本分。
採取数は別セーブデータ累積カウント。

マッハで進めているとクリア時に1000到達すらできていない可能性大。
また、花粉を巣に置く際に必ずロードが入るので最後にまとめてやると結構面倒。
ストーリー進行中も小まめに採取しておく方が後々楽。

参考になるか分かりませんが自分がやっていた周回は下記の通りです。
・本編の周回プレイ
・チュートリアルマップ(ロードなし)
・クリア後のボートハウス周辺(クモの巣チャレンジと並行消化)
・チャプター1「我らは家族」で限定配置されている花の列から採取

チュートリアルマップだと花粉を置く際のロード不要。
とはいえ花粉の絶対数が少なく効率はイマイチ。作業感も強め。
ロードがストレスだ!という人向け。

クリア後のボートハウス周辺はクモの巣チャレンジと並行消化でき、
ある程度ロードの許容ができる。(自分比)
巣の周辺に花が密集している訳ではないので効率はほどほど。

チャプター1「我らは家族」はピクニックエリアに向かって
花粉の列が限定配置されているのでその花粉を回収する。
ピクニックエリアの岩を左手に見つつ折り返すと柵前で花粉MAXになります。
作業感はほどほどにありますが、ボートハウスよりは楽しく採取できる(自分比)

どこを主軸にするか(ロード、別クエ並行、楽しさ)により
場所変更しながら採取するのが良いかと。

チャレンジクエスト

追跡・ダンス・格闘・いじめっ子チャレンジはいずれもコンパス表示あり。
コンパスを目印に開始場所を巡っていけばOK。

なお、いじめっ子チャレンジは鼻を狙う必要なし。背中などでも問題ありません。
△アクションをするものすべてに言えるんですが、上手く反応しない時は
△ボタンを気持ち長押し気味にすると反応しやすい気がします。

脱走アーティスト

クモの巣チャレンジ。
他のチャレンジクエと違いこちらはコンパスに表示されません。

開始時期はチャプター5「ミツバチの英雄」から。
ストーリー上、必ず1回はプレイします。
サイドクエでも何回かプレイした気がします。

クモ退治ポイントはロードを挟むと復活しますので、
”巣の近くのクモの巣ポイント⇔巣に戻ってロードを挟む”流れの往復を繰り返すと
楽にカウントが稼げます。

クリア前なら初期巣・地下のクモの巣(チャプター5でプレイした場所)、
クリア後であればボートハウスのウッドフェンスにあるクモの巣あたりがオススメ。

↓ボートハウスのクモの巣ポイント

ボートハウスのポイントは若干巣から遠いので、
できれば初期巣のクモの巣で回数を稼いでおいた方が良いかも知れません。

ミニミニミツバチ


ミニミツバチが居るところには六角形のエフェクトが出ています。
このミニミツバチを10匹分見つければOK。
他のトロフィー同様、別データと重複カウント。

トロフィー取得だけで見たら、周回すれば全ての場所で見つけなくても良いんですが、ミニミツバチについては情報が出揃っていたので全匹分掲載しています。

なお、ミニミツバチの場所はコンパスにも表示されるものの
少し離れるとコンパス・エフェクト共に見辛くなる場所がいくつかあるので注意。

ロケーション場所 
ピクニックエリア1.赤いレジャーシート、蜂蜜瓶のそば
動物園2.ウサギ小屋の下
動物園3.アシカ広場の北側建物付近、ベンチ裏の垣根
動物園4.サイ・シマウマ・カバエリアの岩
動物園5.ゾウエリアの木の上
遊園地6.ルーバーで囲まれた食事エリアのテーブルの上
7.丘と遊園地の間にある小さな噴水の中
ボートハウス8.桟橋・ドーナツ屋(出店)の隣、オーディオデッキ上
ボートハウス9.テーブルが並ぶエリア(レストランスペース)のミニヒマワリが飾ってあるテーブル
ボートハウス10.新しい巣の北側、東屋?の睡蓮鉢

特定オブジェクトへのアクション

トロフィーリストの【活発なミツバチ】~【イースターの卵を見つける】は
特定オブジェクトに何かしらアクションを起こすと解除されるトロフィー群。

分かり辛く詰まりそうなもののみ掲載。

指輪ミツバチ物語


動物園、アシカエリアの指輪に△ボタンでトロフィー解除。
指輪にアクションを起こすと「POIKOL」と文字が表示されます。

謎の言葉

動物園内、巣の近くにあるテーブルの上にノートPCがあり、
△ボタンで刺すとPCを起動できます。

起動した後、前述の【指輪ミツバチ物語】で表示された「POIKOL」を
PCに入力すると解除。
入力は十字キー、決定は○ボタン。


ちなみにこのPCをオンオフし続けると
【活発なミツバチ(周囲のものに50回働きかける)】を楽に解除できます。

前略、判事殿

遊園地のルーバーで囲まれた食事エリアの手前にあるピクニックテーブルの上
※近くにミニミツバチがいます

鼻持ちならない、イースターの卵

いずれも動物園内
【鼻持ちならない】→クマ(ヒグマ)

【イースターの卵】→鶏小屋

動物園、ニワトリ小屋2Fの卵に△ボタンでトロフィー解除。

 

こんなところでしょうか。
引っかかりやすい所をメインに記載しました。
後続の方の参考になれたら幸いです。

 

ざっくりプレイ後感想。
海外版含め、マイナス点に声優さんが…ってレビューもちらほら見かけるんですが
個人的には気にならなかったです。
「子供向けってこんな感じじゃない?」といった印象でした。
絵本寄りな作りなので敢えてなのかな~とも思います。

ステマというか関係者でもないのにダイマしますが、ビーシミュレーターを楽しめた方は百田尚樹さんの小説『風の中のマリア』もオススメ。
こちらはオオスズメバチが主人公の小説。

結構死闘が描写されている(ハチの肢が取れる描写とかもある)ため子供向けではありませんが、ハチ同士の合戦や群像劇が面白かったので気になった方は是非。

sponsored link

sponsored link



sponsored link